硫黄化合物

硫黄化合物

くも膜下出血、いえ、そもそもの原因である高血圧や動脈硬化を予防するために注目される成分が「硫黄化合物」です。
硫黄化合物とは、インスリンの分泌を促進したり、善玉コレステロールを増やす働きをしますので、積極的に摂取するべき成分といえます。名称からすると何となくイメージがよくありませんが、私たちの食生活を見渡すと、意外と多く見つけることができます。

硫黄化合物がなぜくも膜下出血の予防にいいのか

くも膜下出血の危険因子である高血圧や動脈硬化をいかに抑制するか―が私たちに行える最大のことです。特に高血圧はストレスなど様々な要因で起こしやすい症状ですので、一番に気にしたいことかもしれません。こんなときには硫黄化合物を摂取しましょう。
強力な抗酸化作用をもっているのと同時に、体の維持に必要なタンパク質の一部ともなりますので、とても大事な成分なのです。

硫黄化合物の代表的な種類と効能

  • アリシン

    硫黄化合物の王者「アリシン」
    ―疲労回復や免疫力向上も

    アリシンは体内のビタミンB1と出会うことによってアリチアミンとなり、疲れを取ってくれる働きを示します。また免疫細胞の中のNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させて、流行性の病気を抑制してもくれます。
    血液が不必要に固まろうとしたときには、その抗血栓作用が働きますので、高血圧や動脈硬化の予防が期待されています。

  • 硫化プロピル

    サプリメントでもおなじみ「硫化プロピル」
    ―血液サラサラで知られる

    硫化プロピルは、血液中の糖分代謝を促し、血糖値を整えてくれることでも知られています。また、コレステロール値を抑制し、血流をスムーズに保つ効果から、「サラサラ成分」を謳っているサプリメントにも使われることがあります。

硫黄化合物を多く含む食品

  • ニンニク

    アリシンを多く含み、体力を回復させたり、殺菌力を示し免疫力を向上させたりといった効果のあるものです。イタリア料理や韓国料理が広まってからこちら、摂取するのもあまり抵抗感はなくなりましたね。しかしながら食べすぎは胃を痛めたり、むしろ血圧を上げることもありますので注意が必要です。

  • タマネギ

    一年中入手でき、使い勝手の良い野菜タマネギ。タマネギには硫化プロピルという成分が含まれ、血糖値の調整をしてくれます。硫化プロピルは酸化や過熱により、中性脂肪・コレステロール代謝を促すトリスルフィドとなります。便利な野菜には愛されるだけの意味があるのです。

  • ニラ・ネギ

    ニラやネギにも独特のにおいがありますが、これは硫化アリル(アリシン)を含んでいるからです。新陳代謝を促すビタミンB1を吸収しやすくしてくれたり、神経を穏やかにする効果もありますので、ストレスによる高血圧に効果があるそうです。血液が固まるのを遅らせ、血栓も予防してくれます。

  • キャベツ

    キャベツにはイソチオシアネートという硫黄化合物の一種が含まれています。これは代謝を高め、脂肪をつきにくくする効果、血液をサラサラにすることによって高血圧を予防する効果をもっています。他に、同じアブラナ科であるブロッコリーやカリフラワー、白菜、小松菜などにも、含有量こそ違いますが、イソチオシアネートが含まれます。

摂取の注意点

体によさそうだし、おいしそうだし―摂取量の目安はあるの?
摂り過ぎはダメ?

硫黄は、そもそも摂取しなければならない必須ミネラルの中に含まれるものです。皮膚や髪となるケラチンのモトとして使われたり、脂質や糖質を代謝する酵素の手助けをして血液を良い状態に保つこともします。
健康でしなやかな血管を保ったり、血液をサラサラにしたりと、高血圧の方に欠かせない食品―ニンニクをはじめとした硫黄化合物は注目です。
とはいえ、摂取のしすぎは、めまいや吐き気を招きます。しかしながら、通常の食事の範囲内においては気にする必要はありません。
硫黄を原材料とするアミノ酸「メチオニン」をサプリメントの形で摂取しすぎたときのみ、注意が必要です。動脈硬化が起こる可能性が高まってしまいます。

摂取の注意点と効果的な摂り方