DHA・EPA

DHA・EPA

くも膜下出血の予防・再発防止は、血管をしなやかにし、高血圧を防ぐEPAとDHAの摂取も大切です。

EPAとは、常に体内をめぐっている血液が何らかの理由で固まってしまう「血栓」を防ぐ効果に優れています。また、DHAは血管の細胞膜をしなやかに保つ働きがあり、スムーズな血流につながります。
それぞれ血管や血液、ひいては高血圧に効果を表す仕組みは異なりますが、EPAとDHAを合わせて摂取することで、より効果的とされています。

DHA・EPAがなぜくも膜下出血の予防にいいのか

未破裂脳動脈瘤に、高血圧や動脈硬化といったリスクが重なることで起こってしまうくも膜下出血。自らの手で未破裂脳動脈瘤を手当てすることはできませんが、高血圧や動脈硬化は日々の食生活でリスクの低減が可能です。

  • DHAの効能

    DHAは高血圧にどう効く?その理由は?DHAについて知りたいこと

    DHAは、良質の脂肪酸であるオメガ3を含みます。これによってコレステロールを下げ、血管そのもの、そして血液中の赤血球をしなやかに保つ効果があるとされています。血管や血液が硬くならず、コレステロールも減少させることができれば、サラサラと流れる健康な血流、つまり血圧が上がらない状態を手に入れることができます。
    DHAそのものは体内でEPAから生成される成分ではあります。食生活が偏りがちな現代人が全ての栄養素においてバランスの良い食生活をすることはほとんど不可能ですので、意識してDHAを摂取することはとても大切です。

  • EPAの効能

    EPAは高血圧にどう効く?その理由は?DHAとどう違うの?

    EPAは、血小板が寄り集まり固まってしまうことを防ぎ、血栓ができることを防止してくれます。血栓といえば、いわゆる「エコノミークラス症候群」として知られています。ある箇所でできた血の塊が血流に乗り、肺や脳などに送り込まれることで起こる致死率の高い病です。
    この怖い血栓を予防してくれる「サラサラ効果」は高血圧にも有効です。サラサラの血液は心臓や血管に負担をかけませんので、結果的に高血圧を防止してくれる、という訳です。
    とはいえ、DHAと同じように、意識的に摂取しなければならないものであることも事実です。

  • DHAとEPAを多く含む食品

    DHAとEPAを摂取したい!何をどう食べたらいいの?

    DHAやEPAは、血液や血管の健康を保ち、高血圧にも有効な成分であることはご理解いただけたと思います。では、それをどのように摂取すればよいのでしょうか。何を口にすればベストな状態で体内に取り入れることができるのでしょうか。
    くも膜下出血のリスクを抱えている方のみならず、健康寿命が叫ばれている今、どのような方にもこれは知っておいていただきたいことです。
    【配合食品】イワシ・クロダイ・サバ・ブリ・マダイ・サンマ・ヒラメ・シシャモ・ホッケなど

摂取の注意点と効果的な摂り方

DHAを摂取するときに気をつけるべきことは何?

DHAを摂取するときは、1日3グラム以上は避けるべき、とされています。というのも、摂取しすぎると吐き気や下痢など消化器系のトラブルが起こる可能性があるからです。毎日のように魚を食べる、と言う方はサプリメントの摂取は避けたほうがよいかもしれません。
また、ワーファリンなど血液が固まらないような薬を服用しているときには、サプリメント摂取については担当の医師に相談すべきです。効果が過剰になり、ちょっとした切り傷でも血が止まらなくなったりすることが考えられるからです。

摂取の注意点と効果的な摂り方

EPAを摂取するときに気をつけるべきことは何?

EPAもDHAと同じく、合わせて1日で3グラム以上の摂取は避けるべきとされています。血液をサラサラにする効果がありますので、既に高血圧に対応した薬(降圧薬)が処方されている場合、その薬との相乗効果で血圧が低くなりすぎることも考えられます。サプリメントの摂取については、かかりつけの医師に相談した上で判断しましょう。
もしもサプリメントでの摂取が適切でない場合は、食事に青魚を取り入れます。DHA・EPA合計1グラムといえば、ハマチ5切れ程のお刺身でとることができます。