生存率再発率

回復して日常生活を取り戻すためには何をすべきか

くも膜下出血を発症した場合、どのくらいの人が回復して元通り元気な生活を送れるようになるのでしょうか。くも膜下出血患者の生存率や、重い後遺症が残る可能性が高い再発率についてもまとめています。

イメージ

生存率

くも膜下出血を発症した場合の生存率・死亡率は以下のように言われています。

  • 1ヶ月以内に死亡(再出血も含む)…約50%
  • 命は助かるが後遺症が残る…約20%
  • 元通りの生活に戻れる…約30%

死亡や後遺症に関しては、1度目の出血よりも2度目に出血してしまった場合により危険性が高くなると言われています。そのため、発症したらまずは再出血を予防する処置が何よりも大切です。

参照元:秋田県立脳血管研究センターHP『1.くも膜下出血(破裂脳動脈瘤:はれつのうどうみゃくりゅう)』
(http://www.akita-noken.jp/pc/patient/disease/section3/id45.php)

対処のスピードが生存率を左右する

1分でも早い手術・治療の開始がカギ

くも膜下出血を発症すると、出血が脳内に広がることで脳神経や脳組織を圧迫したり損傷してしまいます。この状態が長く続けば続くほど、命の危険性が高くなりますし、後遺症が残る確率もあがります。

さらにくも膜下出血で恐ろしいのは再出血です。

1度目の出血から6時間~24時間以内に2度目の出血が起こる可能性が高いと言われます。2度目以降の出血はより大量に広範囲になることが多いため、再出血を防ぐための手術(クリッピング術)やカテーテル治療(コイル塞栓術)が必要になります。これらの再出血予防治療は、1度目の出血が起こってから72時間以内に行うのが原則です。

また脳血管の痙攣が4日目くらいから始まり、その状態が1~2週間続きます。基本は投薬で様子見ですが、場合によっては、血管拡張手術も行われます。また、3週間ほどで現れる正常圧水頭症に関しては、シャント術で余分な髄液を腹腔などに排出する処置をします。

参考元:伊藤滋(2017)『身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策』鈩裕和監修,自由国民社.

経年による生存率の変化

発症後数年間は再発に気をつけた生活が必要

くも膜下出血は発症初期の死亡率が非常に高い病気です。再発率も高いです。数年間は再発予防に努め、高血圧などの生活習慣病にならない生活習慣や定期的な通院が必要です。

またくも膜下出血後の平均余命は女性の方が比較的長い傾向にありますが、60歳を超えてからの発症は男女とも余命にあまり変わりがなくなり、余命が半分以下と著しく少なくなっています。

くも膜下出血の再発率

10年以内に70%以上の人が再発する危険性

くも膜下出血は再発率の高い病気です。ある統計では10年以内に70%の人(※1)が再発するとも言われています。最初のくも膜下出血で回復したとしても、1年後~数年後に再発してしまう可能性が高いため、余命が短くなりやすいということが言えます。

再発してしまう理由については以下の2通りが考えられます。

  • 脳血管の損傷
  • 未破裂の動脈瘤からの出血

血管の損傷は、1度目のくも膜下出血の際に損傷してかさぶたのようになってしまった場合や、手術時に損傷してしまっていた可能性などが挙げられます。また、1度目の際は小さかった脳動脈瘤が大きくなり、次はそこが破裂してしまうこともあります。

再発してしまうと死亡率がより高まるため、再発が起こらないように日常生活から気をつけることが大切です。

(※1)参照元:epi-c.jp久我山研究[2005年文献] 『脳梗塞の初発後10年の再発率は,くも膜下出血の再発率より有意に低い』

再発を予防するために

くも膜下出血は、10年以内に70%の人(※2)が再発するとも言われ再発率が非常に高い病気です。1度目の発症では回復したとしても、2度目、3度目に発症すると命を落としたり後遺症が残ったりする可能性が高まります。再発をなるべく防ぎ、健康な生活を続けるためには何が必要なのでしょうか?

(※2)参照元:epi-c.jp久我山研究[2005年文献] 『脳梗塞の初発後10年の再発率は,くも膜下出血の再発率より有意に低い』

体内の活性酸素を除去することで再発を防ぐ!

くも膜下出血の再発を予防するには、高血圧などの生活習慣病の予防や改善が必須です。 高血圧などの生活習慣病を引き起こす要因として考えられるのは、体内にたまっている活性酸素です。
私たち人間は酸素を体内に酸素を取り入れて、エネルギーを生成する過程で、活性酸素という物質も作り出しています。活性酸素は本来なら体内に侵入した細菌やウイルスなどによる攻撃から、体を守るための物質ですが、過剰に発生してしまうと、正常な細胞も攻撃してしまいます。さらに、酸化力が高いため、たんぱく質や脂質を酸化させ、体内のいたるところに害を与えます。活性酸素が高血圧を引き起こす仕組みを簡単に紹介します。

活性酸素は血流の中のコレステロールや脂質を酸化させ、酸化されたコレステロールや脂質は血管内壁に沈着し、血管を狭くします。狭くなった血管に、大量の血液が流れようとするため、血圧が上がるのです。

 

この活性酸素を除去するには、抗酸化成分を摂取することが大事です。最近注目されている抗酸化成分として、「大豆発酵エキス」を紹介します。

 

もともと大豆を発酵させた味噌・醤油・納豆などの発酵食品には、抗酸化作用があることが知られています。しかし、食生活の洋風化が急速に進み、発酵食品の摂取量は減る一方です。さらに、本来時間をかけて発酵させる食品ですが、時間をかけない大量生産により、本来あるはずの栄養価も減少してしまい、発酵食品の本来持っているパワーが低下しています。大豆発酵エキスは、10年以上もの開発期間かけて、培ってきた発酵技術と抽出技術によって、大豆の有用成分を最大限に抽出することが可能になりました。
抗酸化成分としてよく知られているビタミンCやビタミンEなどの抗酸化成分と比較して、その抗酸化力は桁違い。大豆発酵エキスが優れている理由を二つ紹介します。

 

  • あらゆる種類の活性酸素を除去できる
    一言に活性酸素といっても種類はさまざま。ほとんどの抗酸化成分は、特定の活性酸素に対してしか有効ではありません。しかも活性酸素は抗酸化成分と反応すると、また新たな活性酸素を生みます。大豆発酵エキスはすべての活性酸素を除去できる唯一の成分です。
  • 抗酸化パワーが長く、そして強く
    大豆発酵エキスは、その強力な抗酸化力が、長く継続できるのが特徴です。 他の抗酸化成分は時間の経過とともに抗酸化力が減少していきますが、大豆発酵エキスは一か月経っても、効果が低下することがなく、その安定性は実験で検証されました。

     

大豆発酵エキスには、優れている抗酸化作用のほかにも、血圧を上昇させるACE酵素を抑制する作用もあります。

大豆発酵エキスを飲んでから、ふわーっと血の巡りがよくなり、降圧剤を飲んでもなかなか下がらなかった血圧が嘘のように下がったと、効果を実感した声が相次ぎます。
「処方された薬を飲んだものの体調は改善されない」「薬だけに頼るのは不安」「薬がどうしても効かない」という悩みを抱えているあなたに、ぜひ「大豆発酵エキス」の力を感じてほしいです。

 

大豆発酵エキスについてWEBで調べてみる