症状

激しい頭痛が代名詞となっていますが、初期症状はさまざま

突然の激しい頭痛から死にいたることもあるくも膜下出血。多くの場合、発症まで無症状と言われるこの病気ですが、少しでも早く治療を始めるためにも初期症状や前兆をまとめてみました。実際にくも膜下出血から回復した人の声も掲載しています。

イメージ

くも膜下出血の初期症状

くも膜下出血は、脳本体とくも膜の間で動脈瘤が破裂することで出血する病気で、発症と同時に立っていられないほどの激しい頭痛が起こることが多いとされています。突然発症することが多い病気ですが、中には発症の数日前から前兆のようなものを感じることもあります。

  • 血圧の乱れ
  • 通常とは異なる頭痛・めまい
  • 片方のまぶたが開かない、ものが二重に見える

これらの症状は、脳動脈瘤が大きくなり、他の血管や神経を圧迫することで起こります。

  • 意識が薄れてぼんやりしたり、急に意識を失う
  • 手足のしびれが出たり、片側の手足が麻痺した状態になる

これらの症状は少量のくも膜下出血、または脳内出血を併発している可能性を示唆しています。


どちらの場合も放っておくと更に出血する恐れがあるため、早急な受診・入院が必要です。

非外傷性くも膜下出血(急性くも膜下出血)

非外傷性くも膜下出血の代表的な症状

  • 頭部全体、もしくは首の後ろに突然起こる激しい頭痛
  • 嘔吐
  • けいれん

くも膜下出血の症状はそれまで経験したことのないほどの頭痛が最大の特徴です。「ハンマーで殴られたような」あるいは「金属バットで殴られたような」突然の痛みに襲われます。

ただし、痛みに関しては病気の重症度によっても異なります。

重症の場合

出血量が多い場合はそのまま意識を失い、呼吸が止まって死にいたることもあります。

中等症の場合

一瞬意識がなくなるが、呼びかけや蘇生術に対して意識が戻ります。

軽症の場合

違和感のある頭痛が数日続きます。

外傷性くも膜下出血の症状

合併症のリスクもある外傷性くも膜下出血の症状

  • 頭が割れるような激しい頭痛
  • 嘔吐
  • 意識障害

外傷性くも膜下出血は、事故などによって頭を強く打ち、脳が激しく揺さぶられることで脳内の血管が切れて出血している状態を指します。またくも膜下の出血だけではなく、脳挫傷や脳座滅、びまん性軸策損傷等の可能性もあります。

脳挫傷・脳座滅がある場合

  • 半身麻痺
  • 言語障害
  • けいれん

びまん性軸策損傷がある場合

  • 6時間以上意識がない
  • 呼吸が止まる

外傷性くも膜下出血は、脳の他の組織もダメージを受けていることが多く、より重篤な状態になりやすいと言われています。見た目の出血が少量であっても、脳の深部が損傷している場合もあるため、受傷から24~72時間程度は予断を許さない状況が続きます。

くも膜下出血の体験談

トイレで力んだ瞬間に激しい頭痛に襲われました

ある朝トイレで用を足した際、力んだ瞬間に割れるような頭痛に襲われました。あまりの痛みに立つことも声を出すこともできず、必死にドアをたたいて家族を呼び、救急車を呼んでもらいました。救急車で運ばれる際、家族が必死に呼びかけてくれていたのはうっすらと覚えていますが、とにかく頭をずっと殴られて続けているような痛みにただ耐えていました。

ある日突然始まった頭痛と吐き気

36歳のある日、いつも通り家事をしていた私に起こった頭痛。初めはじわじわ頭を締めつけられるような痛みで、生理前だったので体調が悪いのかなと思っていましたが、少し休もうと横になったとたん痛みが強くなり、寝ていても全くおさまらず、何度か吐いたので病院に連れて行ってもらいました。意識は病院に着くまでしっかりしていましたが、とにかく頭痛から気持ちが悪く、吐き気が強かったことを覚えています。

外出先で足に力が入らなくなった

子どもたちとレジャーに出かけた先で、釣りの準備をしていた時のこと。突然足の力が入らなくなり、くらくらして立っていられなくなりました。それから何か「いつもと違う…」という悪寒に襲われ、その後すごく痛くなりました。首の後ろだったと思います。思わず父を呼んだ声が尋常でなかったらしく、血相を変えて来てくれました。少し動くにも激痛で全く動けず、意識がもうろうとして来てあまり覚えていませんが、背中をさすってくれる手も痛かったです。